不倫の証拠が取れたら次は具体的に何をする?

探偵事務所.com 探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!

探偵事務所.com > 浮気調査 > 不倫の証拠が取れたら次は具体的に何をする?

不倫の証拠が取れたら次は具体的に何をする?

探偵に調査を依頼し、不倫の動かぬ証拠が掴めたら、そこからが本当の戦いです。

不倫の証拠を材料にあなたが何を希望するかによって、具体的な行動は変わってきます。

そこで、不倫の証拠がそろった後、離婚を希望するケースと、離婚せずに夫婦関係を続けるケースで考えていきましょう。

離婚をしたい場合

まず、不倫を理由に離婚する場合ですが、多くの人は、不倫の証拠を材料に夫(妻)と不倫相手に慰謝料を請求したいと考えるでしょう。

慰謝料を請求するには法的に不貞行為が証明できなくてはなりません。

それだけの証拠がすでにそろっていると仮定すると、次は配偶者に離婚したいことを告げます。

不倫の証拠があり、慰謝料を請求したい旨も伝えます。

ただし、この段階で持っている証拠をすべて突き付けてはいけません。証拠があるということだけを伝え、あとは相手が条件を提示するまで待ちます。

決定的な証拠が掴めたら全部突き付けてぎゃふんと言わせたいという気持ちも分かりますが、相手にとってはどの程度の証拠がそろっているのかわからない状態の方が苦しいはずです。

また、切り札を隠したおかげで、こちらが知らなかったことまで告白してくれる可能性もあります。

慰謝料の金額を決定するのは不倫の期間と頻度です。不倫の決定的な証拠を掴んでいても、それが一度きりでは慰謝料の増額は望めません。

それより、証拠をすべて開示しないで相手の出方を待つ方が、こちらが把握していない不倫行為を自白させるのに有利です。すべての証拠を突き付けるのは、相手が不倫を認めなかったり、裁判に至ったりした時と覚えておきましょう。

離婚はしたくない場合

次に、不倫の証拠はそろったけれど離婚はしたくないという場合を考えましょう。

離婚したくないならなぜ証拠を集める必要があるのかと思う方もいるかもしれませんが、今後、夫婦関係を続けていくうえで、不倫の証拠があることは不倫された側に有利に働きます。

たとえば、不倫した側からの一方的な離婚の要求を拒否できるようになります。不倫する人のなかには、一度は和解したように見せて、しばらく経ってから性格の不一致など理由を付けて離婚し、不倫相手と一緒になろうと考えるような人もいます。

しかし、証拠がそろっていれば、そんな要求を法的に拒否できるのです。

また、不倫した夫や妻は許すとしても、不倫相手には慰謝料を支払ってもらいたいということもあるでしょう。その場合には不貞行為があったことを法的に示す証拠が必要です。

ですので、離婚するしないにかかわらず、不倫の証拠をしっかり掴んでおくことが大切なのです。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

-スポンサーリンク-

« »

パートナーの不倫、浮気が気になるあなたへ。「まさか」に備えて、読んでおきたい不倫、浮気に関するコラム特集

探偵に依頼をするなら読んでおきたいコラム特集

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

探偵コラム

探偵に関するQ&A

探偵事務所.com

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2017 探偵事務所.com All rights reserved.