悪徳探偵の見分け方

探偵事務所.com > 探偵コラム > 悪徳探偵の見分け方

悪徳探偵の見分け方

探偵に調査を依頼したら、法外な費用を請求された、着手金・行動費・交通費など依頼後の請求額がどんどん増えていく、突然探偵との連絡が取れなくなってしまったなどトラブルに見舞われたという事例が増えています。

残念ながら、隠密性を逆手に取った悪徳探偵の存在は後を絶ちません。見分け方を少しでも覚えておくことでイザという時に役に立ちます。

探偵・調査会社を選ぶ際に知っておきたいポイントをいくつかあげましょう。

一つ目は、調査費用がいくらかかるか明確に提示する事務所を選ぶことです。見積もりを上げ交通費や行動費などが別途発生する際には都度連絡をくれる場合や、総額を明確に提示してくれる事務所を選びます。

また成功報酬制という、依頼事項に対して任務を遂行できなければ費用が発生しないというようなシステムを取り入れた探偵を選ぶこともお勧めです。

このほか、依頼前にチェックしてほしいのが、所在地・法人名・代表者名を明示しているかどうかです。

昨今の調査会社は一つの事務所で複数の事業を行っている場合も増えています。また、隠密性・秘匿性を売りにして、メールや電話のみでのやりとりにとどまってしまうこと、裁判の物的証拠などには成りえないお粗末な書類を提出して終了などというケースもあるようです。

また調査対象者にばれてしまったという場合などは音信不通になってしまうこともありますので、法人名・所在地・代表者などを必ず調べましょう。

また、是非一度事務所へ足を運んで社内の雰囲気などを確認してみることもお勧めします。

ホームページや雑誌の広告などの売り文句で「調査成功率100%」などと謳っている探偵事務所もあります。実は探偵でも調べられることに限界があります。もちろん依頼人の内容に対して「法に触れるからできない」という場合もあります。

これらを踏まえると調査成功率100%といううたい文句はあり得ません。できないことに対して、理由を明示して納得できるように説明をしてくれる探偵事務所を選びましょう。依頼者は「被害者もしくは不利益が生じてしまうケースに限る」とする事務所もあるようでしょう。

探偵業を行うにも「探偵業法」という法律に則って業務に当たる必要があります。

金の見積もり、調査内容の説明を行うことはもちろんのこと、「重要事項説明」に則って書面を作成しお互いに読み上げて確認をする契約時の約束事をしっかり遂行する探偵を選びましょう。

納得できないことに対して、丁寧に説明をしてくれる業者であれば間違いありません。

- スポンサーリンク -


« »

探偵への依頼をお考えの方へ。探偵事務所ドットコムのお勧めコンテンツ!

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

浮気調査

探偵コラム

探偵に関するQ&A

Copyright (C) 2014 探偵事務所.com All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!