浮気調査における直接証拠と間接(状況)証拠について

探偵事務所.com > 浮気調査 > 浮気調査における直接証拠と間接(状況)証拠について

浮気調査における直接証拠と間接(状況)証拠について

探偵や便利屋に浮気調査の依頼を考える方々は、直接証拠と間接(状況)証拠というキーワードを頭に入れて行動を起こしてください。

不倫や浮気をしているという断定に直結する証拠は、直接証拠に属するものだけです。

直接証拠とは?

直接証拠とは、不貞行為に繋がる「肉体関係の有無」を断定できるもので、基本的には、肉体関係を目的に入るラブホテルへの出入りをする現場を撮影するのが最も高効果だとされています。

愛人宅やシティホテルなどでも性的関係を持つことができますが、「打ち合わせのため」とか、「他の友人も一緒だったから」という言い訳ができてしまう時点で、これらの場所は直接証拠として弱い難点があるのです。

探偵や興信所に依頼をして、何十回も愛人宅に出入りしている光景を撮影してもらえば、それは立証に直結する補助的な威力があると考えられていますが、「本当に肉体関係を持っていたのか?」という核心を追求したい場合には、ラブホテルという明らかな場所での写真を手に入れた方が良いと言えるでしょう。

ちなみに直接証拠の中には、交際相手と性交渉をしている映像や動画や、認知している子供の存在も挙げられます。

近年では携帯電話やスマートフォンで容易に動画撮影ができる時代となりましたので、浮気をしている人のスマートフォンの中には直接証拠が残っているかもしれません。

間接証拠とは?

これに対して間接(状況)証拠というのは、その積み重ねによって有効な証拠になりうるものです。具体的には、ラブホテルの領収証、手紙、着信履歴、電子メール、スケジュール帳や手帳などとなります。

女性は浮気や不倫をしたことを記録として残しておきたいと思う傾向が高いため、スケジュール帳に怪しい記載やマークがあれば要チェックです。

同日にシティホテルやラブホテルへの入室写真があれば、その記録が動かぬ証拠になることでしょう。

肉体関係を持っている男女は、メールの中でも「今日のラブホテルは良かったね!」という会話をしていることもあります。

パートナーの携帯をチェックしてメールを発見した場合には、転送などという相手にバレてしまう処理を行うのではなく、自分のスマートフォンやデジカメを使ってそのメールを写真撮影する・・という情報収集を行ってください。

浮気調査を行う上で、なるべくたくさんの証拠を集めた方が今後の展開でも有利に働くと考えられていますが、あまりにも危険なことをするのは、感付かれるという意味でもおすすめできません。

どう動けば良いか?という点で悩んだら、浮気問題のプロとも言える探偵や弁護士などに相談をして、安全かつ確実な策を選ぶようにしてください。

- スポンサーリンク -


« »

探偵への依頼をお考えの方へ。探偵事務所ドットコムのお勧めコンテンツ!

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

浮気調査

探偵コラム

探偵に関するQ&A

Copyright (C) 2014 探偵事務所.com All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!