探偵は不倫の証拠を具体的にどうやって集めていくのか?

探偵事務所.com 探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!

探偵事務所.com > 浮気調査 > 探偵は不倫の証拠を具体的にどうやって集めていくのか?

探偵は不倫の証拠を具体的にどうやって集めていくのか?

不倫の証拠として裁判で有効なのは、不貞行為を働いたことが客観的に見て明らかである証拠です。

不貞行為とは性行為のことですが、それを示す映像、写真、音声があれば確実な証拠になりそうなものの、探偵の調査でそうした物件を集めるのは極めて難しいです。

その種の証拠を得るには、部屋に忍び込んだり盗聴器を仕掛けたりといった、裁判で証拠として認められない方法に頼らなければならないからです。

ですので、通常は、調査対象と不倫相手が一緒にラブホテルに出入りしている様子を捉えた写真や映像が不倫の証拠となります。ラブホテルといえばほとんどの人が男女が性行為を行う場所と考えるため、そういう場所に一緒に出入りしていることを示すものがあれば、不貞行為があったという客観的な証拠となり得るからです。

ただし、ラブホテルに出入りしたことを示す証拠といっても、別々に出入りしていた場合は片方の写真だけあっても決定的な証拠とはなりません。

同じ部屋にいたことが客観的に明らかな写真が必要です。そのため、探偵は、二人が一緒にラブホテルに入るときと出る時の写真を撮ることを目標にします。

また、ラブホテルに滞在した時間も重要で、たとえ一緒に出入りしていたことを示す写真を撮ったとしても、滞在時間が5分では不貞行為の証拠にはなりません。

つまり、ラブホテルに入ったのを一度見かけただけでは証拠としては弱いということです。二人でラブホテルに入り、一緒に数時間過ごしたことがわかる証拠こそが、探偵が求める不倫の証拠です。

また、不倫相手と会うのはラブホテルとは限りません。

ビジネスホテルを利用していた場合は、一緒に出入りする姿だけでは打ち合わせなどと言い逃れができるため、隣室にチェックインし同じ部屋に出入りする様子を撮影して証拠とします。

不倫相手の自宅の場合も、ただ訪ねたことがわかるだけの写真では弱いので、調査対象が数時間滞在し、その間、部屋の明かりが消えるなど不貞行為があったことがわかるような映像が必要です。

そのため、探偵は調査対象の行動を徹底的に記録します。対象者が家を出てから帰宅するまでの行動を、尾行や張り込みを行いすべて記録するのです。

誰と会ったか、どこに出入りしたかをすべて記録するため、通常、探偵は複数人でチームを組んで調査を行います。

調査対象が不倫相手と落ちあい、ラブホテルなどに出入りするまでの写真や映像を撮るため、徒歩、バイク、車、鉄道などあらゆる移動手段を使って尾行し、携帯電話や無線で連絡を取りながら、その間の行動を一眼レフカメラやビデオカメラで高画質な写真や映像として記録していきます。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

-スポンサーリンク-

« »

パートナーの不倫、浮気が気になるあなたへ。「まさか」に備えて、読んでおきたい不倫、浮気に関するコラム特集

探偵に依頼をするなら読んでおきたいコラム特集

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

探偵コラム

探偵に関するQ&A

探偵事務所.com

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2017 探偵事務所.com All rights reserved.