浮気がバレた時の対処法

探偵事務所.com > 浮気調査 > 浮気がバレた時の対処法

浮気がバレた時の対処法

配偶者や交際相手から浮気調査をされてバレた時の対処法としては、「謝る」とか「弱みを見せて相手に同情してもらう」というのが最善だと言われています。

探偵や興信所に浮気調査の依頼をしている人たちは、証拠を押さえた後の方向性を考えているケースが多いため、離婚や慰謝料の請求などを考えると、相手の気持ちを抑えて円満解決を図るというのが良いとされているのです。

稀に、自分は浮気なんてしていないと言い張る人もいますが、浮気調査のプロフェッショナルである探偵が収集した情報は、間違いない、と断言できるレベルとなりますので、下手に頑張ることが自分の立場を悪くすると共に、浮気をされた側の怒りも高まっていくため、非を認めた方が理想的というメカニズムを知っておいた方が良いと思います。

未婚の浮気であれば、法的な問題はほとんど起こりません。

しかしながら既婚者の浮気、いわゆる不倫では、肉体関係を持つことが不貞行為とみなされますので、自分の夫や妻を誘惑した相手に慰謝料の請求を行える法律があります。

どんなに逆切れをしても、きちんとした直接証拠がある状況で裁判を行われてしまえば、完全に負けという最悪の結果を招き、これまで楽しい時間を過ごしてきた愛人までにも慰謝料という名の迷惑がかかってしまうのです。

現在の配偶者と別れて、交際相手と再婚したいという決意や強い想いがあるなら、逆切れや開き直りという方向で動いても良いと思いますが、どちらにせよ、慰謝料や養育費などの請求が行われることを考えると、とりあえず謝るという方向性で動いて、浮気に激怒しているパートナーの気持ちを鎮める努力をしてください。

不倫や浮気をする人の中には、現在の配偶者に不満を抱いているケースも多いとされています。

しかし浮気という相手への裏切りによって自分の子供と会えない条件を突きつけられることも考えられますので、これ以上関係悪化をしない努力が、今後の明るい人生に繋がるとされているのです。

浮気調査は大事なiPhoneや携帯電話のバックアップを閲覧したり、尾行や盗聴、GPSの利用など、かなり深いところまでプライベートを追求してくるものです。

しかしこれだけの策を講じる側としては、浮気をされた怒りや不安があるのは当然のことですので、自分のプライベートを詮索されたことにキレることなく、相手との円満解決に至る方法を考えた方が良いと思います。

きちんとした証拠を提出されれば、調停や裁判になった時に自分に有利に事が運ぶことはありませんので、示談や円満解決という方向性に進むのが堅実な方法だとされているのです。

- スポンサーリンク -


« »

探偵への依頼をお考えの方へ。探偵事務所ドットコムのお勧めコンテンツ!

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

浮気調査

探偵コラム

探偵に関するQ&A

Copyright (C) 2014 探偵事務所.com All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!