盗聴は犯罪?

探偵事務所.com 探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!

探偵事務所.com > 探偵コラム > 盗聴は犯罪?

盗聴は犯罪?

盗聴は犯罪だというのが、世間一般の認識でしょう。

しかし、実際には盗聴器は秋葉原やネットショップで普通に販売されていますし、その中にはまるでスパイが使うのかと思うような精巧なものもあります。

こんなに堂々と盗聴器を販売していて大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、実は盗聴そのものは犯罪ではないのです。

現在の日本の法令で、盗聴の罪を取り締まるものはありません。盗聴器を買っても売っても問題になりませんし、たとえば彼女が入浴中に彼女の部屋に盗聴器を仕掛けてその音声を傍受しても罪には問われないのです。(プライバシーの侵害など、民事上の問題は残ります)

つまり、家に入るのは合意の上ですので住居侵入罪には問われませんし、盗聴器を仕掛けたり盗聴すること自体は犯罪ではないので、見つけても訴えることは出来ないということになります。

盗聴に関連して法律で禁止されていることといえば、盗聴器を仕掛けるために無断で他人の住居に立ち入ると、住居侵入罪に問われます。

また、盗聴器を仕掛ける目的で、他人の部屋の壁などに穴をあけると器物損壊罪にあたります。

見ての通り、これらは盗聴したから罰せられるのではなく、盗聴するために違法行為を働いたから罰せられるということです。

また、電話回線自体に盗聴器付けての盗聴は、有線電気通信法違反になりますが、コードレス電話などであれば、その内容を人に漏らしたりしない限り、罪に問われることはありません。

コードレス電話などは特に一定の周波数の電波を使っていることが多いため、簡単に傍受することができます。話の内容についてはあるある程度注意したほうがよいでしょう。

ちなみに、他人が仕掛けた盗聴器の電波を傍受しても問題ないので、彼氏が仕掛けた盗聴器をたまたまお隣さんが傍受している可能性もゼロではありません。

ちなみに、盗撮についてもそれ自体には規制がなく、撮ること自体が禁止されているわけではありません。

更衣室や浴室などでの隠し撮りは軽犯罪法違反ですが、普通に好きな子の顔を撮り続ける程度では罪にならないので、その点も注意が必要です。

最近の盗聴器は非常に精巧で、素人にはまず見つけられないものが多いため、私たちは常に盗聴の危険にさらされていると言っても過言ではありません。

しかも盗聴を見つけても訴えることも難しく、犯罪として立証できるのはほんの一握りです。

できるだけ盗聴されないように意識をもって生活するか、定期的に盗聴調査を行っている探偵に依頼するなどしてチェックしたほうが安心でしょう。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

-スポンサーリンク-

« »

パートナーの不倫、浮気が気になるあなたへ。「まさか」に備えて、読んでおきたい不倫、浮気に関するコラム特集

探偵に依頼をするなら読んでおきたいコラム特集

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

探偵コラム

探偵に関するQ&A

探偵事務所.com

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2017 探偵事務所.com All rights reserved.