浮気調査と離婚調停・告訴

探偵事務所.com > 浮気調査 > 浮気調査と離婚調停・告訴

浮気調査と離婚調停・告訴

探偵事務所に依頼される案件で最も多いのが「浮気調査」です。

恋人、婚約者、そして配偶者の浮気で悩み苦しんで相談する人が後を絶ちません。ひと昔前までは、浮気調査や不倫調査で探偵を雇うことに抵抗を感じる人も多かったのですが、最近では真実を知りたい、そしてそれを乗り越えることによって、新たなスタートを切りたいという人が増えてきました。

たとえば、夫の浮気を疑って探偵を雇った妻からの依頼では「最近夫の帰宅が遅くなった」「急に携帯電話をロックするようになった」などの兆候を微妙に察知した後、すぐに行動を起こすといったパターンが多いようです。

直接夫に問いただすというよりも、外堀を固めて、もし浮気が事実であればその相手も特定して、いざ対峙する時に夫に言い逃れができないように万全を期するのが最近のやり方です。

これは、もし離婚調停となった時、不調に終わってしまい告訴するにあたって証拠の写真など調査内容が有利になることが多いからです。

また、離婚調停がうまくいったとしても、離婚の原因を作った相手を民事で告訴するということも増えてきましたから、その時の証拠として探偵をわざわざ雇って証拠を集めるということもあります。

携帯電話から集めた情報が裁判所で浮気の証拠となるのかという点ですが、これは浮気を証明する証拠としては不十分だとみなされてしまいます。

なぜなら浮気の相手が「肉体的な関係はない」そしてパートナーが「自分の知らない人が勝手に送ってきた」などいろいろな言い訳ができてしまうからです。告訴する場合には、こうした浮気を確証する有力な証拠が必要になります。

こうした「調査後」に対応するため、離婚調停や告訴後の裁判証拠として使える報告書を作成してくれるかどうかも探偵を雇うポイントになります。

浮気の慰謝料の平均額は100~300万円といわれています。

しかし、離婚における慰謝料の額は法律によって決められているわけではありません。収入や浮気の期間などによって、変わるように思っている人も多いようですが、実際は高額の慰謝料を裁判で勝ち取ることは不可能です。

よく芸能人で離婚の慰謝料が○億円という報道がされていますが、それはあくまでもお互いの話し合いによって決められた額で、その中には「今までの夫婦生活は一切口外しない」などいろいろな契約が含まれています。

探偵に浮気調査を依頼するとその調査日数にもよりますが、だいたい50万~100万円かかります。

- スポンサーリンク -


« »

探偵への依頼をお考えの方へ。探偵事務所ドットコムのお勧めコンテンツ!

探偵事務所の仕事

探偵事務所の選び方

探偵への依頼

浮気調査

探偵コラム

探偵に関するQ&A

Copyright (C) 2014 探偵事務所.com All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。

探偵事務所.com

浮気・不倫調査や人探し・所在調査は探偵事務所にお任せ下さい。開業5年以上の信頼ある探偵事務所のみを多数掲載!全国の探偵をラクラク検索!